仮想通貨のマイニングをおさらいしよう

仮想通貨の「マイニング」。ビットコインなどの仮想通貨に投資した経験がある方は何度もこの単語に遭遇していることでしょう。

クロスエクスチェンジのXEXで収益を上げるには、「マイニング」が深く関わってきます。

そもそもマイニングってなんだったかをもう一度おさらいしておきます。

マイニングって何だったっけ?

マイニングは直訳すると「採掘」ですが、一般的に鉱物に対して使う言葉ですね。

最初の仮想通貨であるビットコインは、マイニングに成功するとビットコインをもらうことができます。

ビットコインの「マイニング」に成功するってどういうこと?

ですが、一言でいうと、「コンピュータを使って計算式を一番早く最初に解いてビットコインを獲得する」となります。

これだけだと、まだ「ん?」となりますね。

話をもっと噛み砕くため一旦話はそれます。

私たちが普段使っている銀行は、銀行のシステムを介して利用者の口座間で送金したりしています。つまり、銀行が独自に構築したシステムで送金処理をコントロールしています。銀行を中心とした中央集権型です。


ネットワーク中心にあるサーバー(民間銀行の勘定系システム)が、帳簿を集中管理

ビットコインは中央集権型に対して分散管理型と呼ばれます。なぜ、そう呼ばれるのかというと、利用者間の送金処理を行うのが特定の企業などではないから。「じゃあ、だれが送金処理行うの?」という話になりますが、これが先ほど話に出た「マイニングを行うコンピュータ」なのです。

参加者全員で同じ帳簿をそれぞれ持ち合う

特定の政府、企業に支配されない分散型システムを構築するため、不特定の世界中のコンピュータにビットコインの送金処理システムを支えさせる。システムの一翼を担う者(マイニングを行うマイナー)には対価としてビットコインを与える。

これが、特定の政府、企業に支配されない分散管理型と呼ばれるビットコインのシステムの根本的な仕組みです。

世界中で、今は禁止されていますが、特に中国では盛んにマイニング工場なるコンピュータを四六時中稼働させる施設が多く作られていたということはご存知ですよね?

この事は色々な問題が指摘されていましたが、かれらはマイニングに成功するため、つまり、最も早く計算式を解いてビットコインを獲得するために競って高性能なコンピュータを導入していたのです。

ビットコインの課題

ビットコインの問題は細かいところまで触れるとたくさんあるのですが、ここでは大きな課題について書きます。従来の通貨に取って代わる万能の仮想通貨と思われていたビットコインですが、2017年に200万円を超えたピーク時あたりに主に二つの問題がでてきました。

・送金処理に時間を要する

・マイニングに多大なコスト(電気代)を要する

まず一つ目の送金処理の話ですが、簡単に言うとたくさんの人がビットコインの送金をしようとして、システムでの送金処理が追いつかなくなってしまったということです。もっとも遅い時で送金に1週間かかる時がありました。お店で決済するときにレジの前で1週間も待てませんよね。。。だから、ビットコインって決済通貨としてどうなの?って課題があるんです。

あと二つ目のマイニングのコストですね。みんながマイニングでビットコインを得ようとすると当然競争になります。競争に勝つには高性能のコンピュータをたくさん稼働させなければなりません。そうなると個人では太刀打ちできないので、大きな会社が頭角を表していきます。大きな会社同士でも競争が起こりますから、さらにコンピュータを稼働させていきます。稼働させるための電気代は膨れ上がり、一時には世界の1%の電力がビットコインのマイニングに使われていたと言われています。エネルギー消費を減らしていこうっていう風潮に逆行してしまったんですね。そんな仕組みが受け入れられるのかという声が上がりました。

ビットコインとは根本が違う!クロスエクスチェンジのマイニングの仕組み

ビットコインのマイニングの基本から整理ができたところで、XEXの話に移りましょう。

XEXのマイニングは、ビットコインのマイニングと意味が少し違うので、比較してみます。

ビットコインのマイニングによる報酬の根拠は「システムの一翼を担うこと」。報酬はビットコイン。これは、ビットコインという仮想通貨自体のシステムを最適にするため。

クロスエクスチェンジのマイニングによる報酬の根拠は「取引所でトレードを行うこと」。報酬はXEX。クロスエクスチェンジという取引所のシステムを最適にするため。

というまとめ方になるのかなと思います。

クロスエクスチェンジは、取引所内での取引の手数料をXEXという形で還元するというインセンティブをユーザーに与えることで、取引量増加を図ることを狙っています。

一方私たちユーザーは、手数料の還元分としてXEXを手に入れられるなら、「取引はクロスエクスチェンジを使おう」ということ行動を取りやすくなりますね。

クロスエクスチェンジのマイニングは、我々ユーザーに対する「引き」ですから、うまく活用して資産を増やしていきたいですね。

選べるマイニングプラン

クロスエクスチェンジのマイニングには、XEXをロックする期間の長さでプランが分かれています。

マイニングプランを詳しく見るにはこちら のページからご覧くださいね。

入手する方法についてはこちらの記事で解説しております。

EXを入手するためにはどうすればよい?
https://csta.jp/?post_type=post&p=12

ゆっきーはもっともXEXが得られるロック期間90日のプランを選択しました。

クロスエクスチェンジに登録をする

https://www.crossexchange.io/cross/vip/ja201902201?invite=1ORFivMcViO



取引マイニングとはカテゴリの最新記事